地粉のピザとコーヒーロール教室

ココナッツオイルのふわふわ生地

東京都台東区にある地粉の天然酵母パン教室 ラ ヴェリテの高橋美幸です。

 

12月に入りましたね!!

イルミネーションがとてもキレイ。

 

夜街を歩くとキラキラ♪

ディスプレイもクリスマスになっていてとてもかわいい。

 

1年の中で一番ワクワクする季節だと思います。

お出かけも多くなる時期ですね。

 

私はというと、冬眠にはいります笑

外に出ません。

本当です。

 

睡眠時間が異常に長くなるのです。

平気で12時間くらい寝ます。

1日の半分を寝るって・・・笑

 

起きている時間が短い分、とても忙しい!

残りの12時間で用事を終わらせなくてはいけない汗

 

これが春まで続くのです・・・

ショートスリーパーがうらやましい今日このごろ。

 

さて、本日はプライベートレッスンでした。

 

まずはコーヒーロールを作っていきました。

コーヒーロールは”かんたんパンレシピ”に掲載されているふわふわ生地を使って作ります。

 

冬にふわふわ生地が膨らまない方がたまにいらっしゃいます。

 

ふわふわ生地はココナッツオイルが入っているので冷蔵庫の野菜室で1次発酵をするとカチコチになります。

(ココナッツオイルは24度以下で固まる性質があるので)

 

暖かい季節は冷蔵庫の温度も高く、生地をこねている最中も生地が温かいので、捏ね上げた後、冷蔵庫の野菜室にいれてもすぐに発酵が始まります。

 

しかし、寒い時期にふわふわ生地を作ると、冷蔵庫の温度も下がっており、生地をこねている時も冷えるので、冷えた生地を1次発酵させると発酵しにくく、膨らまないことがあります。

 

そんな時は生地に入れるぬるま湯の温度を高くしたり、こねあげてビニールに入れた後、少しの間暖かい部屋に置いて、少し発酵してきたら冷蔵庫の野菜室に入れて1次発酵させてあげてください。

発酵しやすくなります。

 

暖かい季節のパン作りと寒い時期のパン作りは作るときのコツが違うので気をつけてください。

 

暖かい時期には生地を温めすぎないように、寒い時期は生地を暖かいまま保つようにします。

 

悩んでいる方は教室の時に相談くださいね。

 

ココナッツオイルで膨らまない方は、オイルの部分をなたねサラダ油に変えると膨らみやすいです。

なたねサラダ油は冷蔵庫の温度では固まらないので。

 

ふわふわ生地の話が長くなってしまった・・・汗

 

本日、ふわふわ生地で焼いたコーヒーロールですが、ふんわりおいしそうに焼きあがりました。

シナモンロールと作り方が違いますが、生地を上手に四角形に伸ばせれば、あとはかんたん。

 

生地の半分のインスタントコーヒーとココナッツシュガーをのせて折りたたんでカットします。

 

アイシングですが、パンがちゃんと冷めてからのせましょう!

焼きたてのパンにかけると分離してしまします。

ご注意を!

 

アイシングをするとますますかわいいです♪

 

そしてピザ。

2次発酵がいらず、伸ばして具をのせたら直ぐに焼き上げます。

 

2次発酵いらずなので、待たずに食べられるのがいいですね。

上にのせた豆乳チーズもトロけて、とってもおいしいです。

 

これからお家でクリスマスパーティーをする方は大きく生地を伸ばしてピザを作るのもおすすめ。

ゴーシャスに具をたくさんのせてもいいと思います。

楽しめそうですね♪

 

今年のクリスマスは何をしようかな〜

と考え中。

その前にシュトーレンを作らなければ!!

すっかり忘れていました。

 

ケーキの前にシュトーレンを作ります! 

 

パン教室にご興味ある方は“ご予約・お問い合わせ”フォームよりご連絡くださいませ!

 

#白崎茶会公認のパン先生

#白崎茶会  

#白崎裕子さん

#かんたんパンレシピ

#にっぽんのパンと畑のスープ

#オーガニック

#ココウェル

#ギルドフリー

#マクロビオティック

#ヴィーガン

#地粉 

#la vérité

#ラヴェリテ

#天然酵母パン

#東京